筆者について

オランダに住むライターのMakoと申します。関心どころはクラシック音楽、ものづくり、カルチャーイベントなど。ブログはついつい三日坊主になりがちなビギナーです。

<略歴>

都内某大学在学中、 ウェブマガジン『Realtokyo』にて東京近郊のカルチャーイベントについて執筆させていただいたのがライターとしての始まりでした。以降、 アーティストと子どものワークショップを手伝ったり 、音楽系雑誌の編集に携わりクラシック音楽のコンサートに通ったり、弦楽器工房などの連載記事を担当したり、チェロを弾いたり……とアートや音楽をはじめとする文化全般にどっぷり浸る日々を送りました。

20代後半に弦楽器をはじめとする「工芸品」への愛に目覚め、イタリアへ渡ることを決意。イタリアの大学の語学コースに通いながら、フィレンツェのモザイク工房にて、少々意地悪なマエストロと毎日喧嘩しつつ天然石モザイク製作とイタリア語を習得しました。

現在は、ヨーロッパの開かれた文化的拠点であるオランダという国に魅力を感じ、2016年から在住しています。

「コアラみたいにぼーっとしてる」と言われることがありますが、生きる喜びを感じるような刺激的な音楽・アートと素朴で美味しい食事を追い求める嗅覚と、必要あらばどこへでもすっ飛んで行くパワーは持っています。

こちらのブログでは、欧州で見つけた素敵な人やモノ、最新文化事情を少しずつお伝えしていければとと思っています。

どうかごゆっくりお楽しみください♪